© System Support Inc.

株式会社システムサポート

『就業役者』でできることCase Study

『就業役者』導入事例

『就業役者』は
これからの
「新しい働き方」
「働きやすい環境づくり」を
サポートします

『就業役者』は、「勤怠管理」として出退勤時間や休暇申請・取得情報、36協定時間外情報等を記録することに加え、「作業管理」として例えば「A社向け〇〇作業に4時間」といった作業管理情報を記録します。

『就業役者』によって生み出される成果は、勤怠管理による時間の有効活用意識の高まりや、作業管理情報を活用しての作業内容の“見える化”など、使い方により様々。
就業機会の拡大や従業員のモチベーション管理・能力を存分に発揮できる「働きやすい環境づくり」まで、余すことなくサポートできる『就業役者』。

いくつかの先行事例から『就業役者』ができることを紐解きます。